子供のわきがを乗り越えて家族の絆が強まりました

医師に相談し治療を決意

子供 わきがレーザー治療

子供の身体から発する臭いは家の中にも / クラスメートの言葉に傷つき不登校 / 医師に相談し治療を決意

当日、子供の顔には不安が見られましたが、施設に着く頃には穏やかで、何か覚悟を決めたような感じを受けています。
先生は優しい口調と表情が印象的で、説明は平易な言葉で分かりやすく、質問に対する答えもまた明確です。
わきがの仕組みや問題点、そして治療の選択肢の提示を受けて、再び家族で話し合い本人の気持ちを聞きました。
本人は先生を尊敬できる医師とした上で、信じて提案された治療を受けると決断しました。
その決断を全面的に応援すると伝えると、涙を浮かべた表情で小さく頷きました。
もう一度先生を尋ねたところ、最終的な治療の説明と意思確認が行われました。
手術はリスクも高く費用も掛かりますが、代わりに期待できる改善効果は大きく、わきがとおさらばできる可能性があります。
腕が優れる先生で、麻酔が行われるという説明を受けていましたが、やはり不安が拭えなかったのも確かです。
傷跡が残らないか、日常生活が送れるか心配もありましたが、手術は無事に成功して特に大きな問題は出ませんでした。
手術は1回では終わらないので、これが後何回も続くと考えると憂鬱でしたが、無事に終わったことや本人の満足な表情を見ると、これらの気持ちは吹き飛びました。
全ての手術を終えた今ではすっかり体臭が気にならなくなり、本人は強い自信を手にして活発な日々を送ることができています。